ソーラー発電システム

太陽光をソーラーパネルによって電気に変える発電システムのこと。家の屋根なんかに設置されている平たいパネルで発電して電気を使います。

ソーラー発電システムには二つ種類があります。

1つは系統連系といわれるもの、一般的にはソーラー発電というとこれを示す事が多いようです。系統連系とは電力会社と連系した配線で行われたシステムで、パワーコンディショナーによってソーラーパネルからの直流電流を交流に変換して売電、買電などができるようになっています。

2つ目は独立電源といわれるもの、あまり一般的には知られていないことが多いです。電力会社とは完全に独立した電源システムです。ソーラーパネルからの電流をそのまま使用するかバッテリーなどに蓄電して使用します。一枚からのソーラーパネルでもできて割と安価なのが特徴です。



完全自動化独立電源ソーラー発電へ戻る