サルフェーション

サルフェーションとはバッテリーの電極に付着する硫酸鉛の結晶のことでこの結晶が電極に一度付着するとその部分が絶縁状態になってしまいます。

結果バッテリーの効率が悪くなってしまいます。サルフェーションが付着すると普通はバッテリーが上がったという状態になり完全に元の状態にもどすのは難しいようです。

一般のバッテリーに比べるとディープサイクルバッテリーはサルフェーションの付着しにくい構造になっていますが100%の使用深度を繰り返しているとさすがにサルフェーションは付着していくようです。

バッテリーを長く持たせようとするには放電してから充電するまでの間をなるべく短くするのがよいようです。放電したまま放っておくと、サルフェーションの餌食です。なるべく早く充電しましょう。



完全自動化独立電源ソーラー発電へ戻る